着火方法の実演

先日マイスターグループの仲間と着火方法について話し合っていたところ、
薪を組む形状が店によって違うなーと言う話になり
代表として 2社の薪の組み方を発表しようと言う形になりました。

皆さんはどちらの方が着けやすいですか?

AMA 青木流着火方法

1、焚き付けを三角に積み上げて組む
1、焚き付けを三角に積み上げて組む

2、着火剤を三角の前の中央付近に置く
2、着火剤を三角の前の中央付近に置く

3、着火
3、着火

4、すぐにドアを閉める
4、すぐにドアを閉める

5、5分後の様子
5、5分後の様子

6、着火から15分後の様子 中割の薪を追加の様子
6、着火から15分後の様子 中割の薪を追加の様子

6、着火から15分後の様子 中割の薪を追加の様子

7、着火から30分の様子
7、着火から30分の様子

8、着火から30分過ぎに大割を追加の様子
8、着火から30分過ぎに大割を追加の様子

9、着火から1時間、大割を入れてから30分の様子
9、着火から1時間、大割を入れてから30分の様子


 

サンシン 大成流着火方法

1、上から着火の様子。 下に大割2本、その上に中割3本 その上に焚き付けをたっぷり
1、上から着火の様子。 下に大割2本、その上に中割3本 その上に焚き付けをたっぷり

2、3分後にドアを閉めた様子
2、 分後にドアを閉めた様子

3、15分後の様子
3、15分後の様子

4、30分後の様子
4、30分後の様子

5、1時間後の様子
5、1時間後の様子

6、着火から1時間30分後の様子。 着火から一度もドアは開けてません。
6、着火から1時間30分後の様子。 着火から一度もドアは開けてません。

宮城県石巻市に薪ストーブを寄贈させていただきました

JFMでは、昨年の暮れ(12月26日)に、先の震災で被災した宮城県石巻市に復興支援のひとつとして薪ストーブを寄贈させていただきました。
この活動は、震災直後よりグループ各社にて義援金の募集活動を行い、集まったお金で寄贈させていただきました。
詳しくは、下記の地元の新聞紙面にてご紹介されました通りです。ぜひごらんください。

また、取り付け工事は、地元で被害にあいながら「ぜいたく屋」さんが中心となり行いました。
写真は、そのときの模様をまとめたものです(ぜいたく屋さん提供)。

shin01 shin02 shin03 shin04 shin05 shin06